So-net無料ブログ作成

2月17日 コンタクトプレステージイベント♪ [コンタクト]

まだ受験は完全に終わってない中ではありますが、始まってから1度も観にいけてなかったコンタクトを観に行ってきました[かわいい]

リハ見とスペシャルイベントがあったので参加してきちゃいました[るんるん]

ロビーで待っているとコンタクトTシャツを着た牧野さんと澤村さんが登場[exclamation]
澤村さんの第一声、「四季の戦場カメラマンです。」・・・(笑)
会場大爆笑[グッド(上向き矢印)]確かに澤村さんは3部での衣装の一部を着ていたのでそう見えなくもない…。
そして牧野さん「四季の悪役担当です。
うん、わかる。悪い役ばっかりやってるわね(笑)
でもそんなお二人、会場の中まで優しく案内をしてくださいました[ー(長音記号1)]

会場に入ると凄く緊迫した雰囲気で1部のSWINGINGのリハーサルをしていました[目]
舞台上にいたのは井上佳奈さんと花島佑介さんと徳永義満さん。
客席で指示を出していたのは坂田加奈子さん、そして下手側の座席で同じくダンスキャプテンとして西尾健治さん。その後ろにはこのシーンのセカンドメンバーの駅田郁美さんが座ってらっしゃいました。まず私たちが入った瞬間に立ち上がってさりげなく客入りをチェックした西尾さん…(笑)

ちょうど音楽を流しながら貴族が指輪やらネックレスやらをマジックのように出していくシーンをやっていましたが、貴族役の花島さんがブランコに乗る女役の井上さんに指輪をはめてあげるシーンをやったあとに、「ちょっとストップ。わかった」と坂田さんが動きを止めます。

舞台に上がった坂田さんは花島さんに「シュウ、このシーンはシュウが主役じゃなくてこの指輪が主役なんだからここでポーズをとった時にシュウが目立たないで、指輪を手の中で揺れないように目立たせて。本当にマジックのように出さないと。」と花島さんの動きを自分でやってみせたうえでアドバイスをされていました。

そして指輪をはめてあげるところでは「シュウ、このシーンどこみてやってる?」とまたダメ出しが。
この時は佳奈の意識を指輪に集中させて。今のシュウは佳奈に指輪を見せたらすぐに目の位置から下ろしちゃうでしょ?そうじゃなくて指輪を出したら佳奈の目線に合わせて。もう一回。」そして花島さんがもう一度やって見ると「…うーん…まぁまぁ。」との声が。
前からこうやってた?佳奈の手を取るときには自然な流れで。あと指輪をはめるときには佳奈に被らないようにもうちょっと下手に寄ってね。
と坂田さんが再度アドバイスを出しまた最初から音楽をかけて花島さんがはけて一旦終わり。…かと思いきやまたここで坂田さんから気になるアドバイスが。
シュウ今までもそうやって回ってた?」。坂田さんは花島さんのターンからの投げキッスが気になったらしく同じようにターンして投げキッスをやってました。
花島さんも今度は練習として坂田さんに向かってターン&投げキッスをしていましたが私にはどこがいけなかったのかやっぱりわからない…[がく~(落胆した顔)]
とまぁこんな感じに花島さんと井上さんのシーンは終わりましたね。

そして今度は音楽をかけて徳永さんと井上さんのブランコシーン。
井上さんと徳永さんがブランコに乗って井上さんが徳永さんの上に座るあたりまでやったあとに坂田さんが「ストップ。佳奈今までもそうやって乗ってたの?」と井上さんに聞くと、「いや…。なんか発見があって…。今までのやり方で座るとスカートが前にいかないことがあったんですけどこのやり方だとスカートが前にいくんです。だから浮かせたほうがいいんです。」と井上さんが徳永さんに同意を求めながら答えると坂田さんは無言で何かを考えた後に「…ダメだと思う。だってそれは振りを変えてることになるでしょ?振りを変えることは流れまで変えちゃうんだよ。セリフは勝手に変えられないでしょ?それと一緒。だからこのシーンは元通りに戻してその振りの中でスカートが前にいくように。もしそれができなければ自分で手で前にやって。わかった?」と厳しい言葉を。

井上さんと徳永さんで動きを確認した後に音楽なしでブランコの演技を続けて、坂田さんから「さっきより良くなった。…けど揺れるなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]満寧どうやって乗ってる?そのとき佳奈は何もしないんだっけ?じゃあ佳奈が揺れるの抑えられるな。ちょっとやってみて?」と言われたお二人は意識したのか次にやった時には揺れが半分くらいになっていて坂田さんも西尾さんも納得できたご様子。
じゃあ満寧次も乗るときに気を付けてね。はい!じゃあ終わります」の坂田さんの声に皆さんで「ありがとうございました。」と答えてリハーサルが終了しました。

こんな感じで坂田さんの言葉の威力を感じたリハ見でしたが、坂田さんは少しの動きでも見逃さず同じように振りをやりながらいろんな細かい部分をアドバイスされていて改めて四季のトップダンサーなんだと感じました。舞台をやるうえで少しのミスも許されないというのを俳優さんが1番良くわかってらっしゃるんですね。
なんだか今まで見てきたものとは一味違ったリハーサルでした。

そしてトークコーナー。司会は牧野さんと澤村さん。
他は今までリハーサルに参加していた徳永さん、井上さん、花島さん、坂田さん、西尾さん[ぴかぴか(新しい)]
一人一人自己紹介を終えると澤村さんが「みんななんか暗いね~。疲れてる~?やっぱりね、このシーンって案外疲れるんですよ。」と言いながらもこのシーンの解説へ…。
このシーンはちょっと危険なシーンがありますので、危ないところがあれば僕と牧野さんがすかさずピーとかブーとか入れますので(笑)あっ、先日僕絵を見に行ったんですけど、この一部の絵はマリー・アントワネットがモデルと言われていて、この絵が描かれたのは宗教画が流行った時期でしたがフラゴナールはコロロ調で描いたんですね~。」と何と言ったらいいのかわからないボケ。
すかさず牧野さんが「ちょっと待った。コロロ調じゃなくてロココ調ですよ。その辺ビシッとつっこみますよ。もう彼は劇団四季の三大ボケなんですよ。他の二人はあえて言いませんが…」と突っ込みを入れてました。あとの二人気になるわ~[あせあせ(飛び散る汗)]
そのあとも貴族階級と労働階級で揺れ動く姿を描いているなどと説明されてましたがなんだかボーっとしてしまって頭に全く入らない!(笑)
今回が初めてという方もいらっしゃったのでネタバレしない程度に…と見どころの紹介を振られた井上さんが「えーと、見どころというと余計なことまで喋ってしまいそうなのでここで豆知識を!」とこのシーンの豆知識を教えてくださいました。
まず、この一部が始まる前に絵が出てくるんですが、あの絵は18世紀のロココ時代に貴族が愛人にプレゼントするためにドワイアンという人を通してフラゴナールに描かせたと言われています。」という喋りだしで、もっといろいろなことを話していましたが、あまりに長く完璧に説明されていたので覚えられませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]フラゴナールはウィットを加えてこの絵の共犯者のようにキューピットを書いた…みたいなことも話されてたかな?
澤村さんも井上さんもこの第一部の題材となったフラゴナールの絵の話をされていたので、話がごちゃまぜになってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
自分自身この絵のことが気になり調べてみたら色々なことが分かってちょっと面白かったです。そのことも書けたら書きたいですね。
とにかく、井上さんの解説は凄く細かくて、思わず他の人からも「凄いね~」「良く覚えたね~」との声が。西尾さんなんか思わず「丸覚えしたんでしょ!」なんて言ってました(笑)

そして今度は徳永さんが同じく見どころを紹介する番に…。
ですが徳永さん話の意味が分からなかったのか戸惑ってしまい澤村さんと坂田さんが、自分の好きなところとかお稽古であったこととか何でもいいんだよと優しく教えていていざ徳永さんが「僕は…」と喋り始めたときにすかさず「ピー[exclamation]」…はい澤村さん。笑
突然話を止められた徳永さんびっくりしたのか完全に戸惑ってしまって目が泳いでました[たらーっ(汗)]
その後ちゃんと澤村さんが冗談で止めたのを理解したのか「僕はこのシーンをやることが最初は凄く恥ずかしかったけどずっと練習してやってたら恥ずかしくなくなりました。はい。終わりです。」とたどたどしい日本語で一生懸命話してくださいました。文章上私の言葉に置き換えましたが、徳永さんはなんだか一生懸命さが伝わりますね[わーい(嬉しい顔)]
澤村さんも徳永さんの言葉に「ねぇ~。慣れって怖いですよね~」とのお言葉(笑)

そして次にまた見どころを紹介したのが花島さん。彼は徳永さんよりも流暢な日本語でした[ぴかぴか(新しい)]
僕も凄く恥ずかしかったです。この人と…(井上さんを指す)(笑)。できるかなぁってずっと思ってましたが坂田さんや西尾さんや先輩方が色々教えてくれてできました。」とここで澤村さんがまた「シュウは凄くシャイで純粋なんですよ~。こんなシャイなのにね舞台じゃ大胆なことするのも魅力ですね」ってまとめてました。
そしてそのあと「ちなみに牧野さんにも純粋な時代があったんですよ~。ね~。」とまた余計なひと言。牧野さんも「僕の話はいいですもう。はい次に進みましょう!」と軽く流す…(笑)

次は坂田さんに話を振られたのですが、坂田さんは今回西尾さんとともにダンスキャプテンとしてカンパニーをまとめているみたいです。この第一部には出演されていないお二人ですが、稽古の時の様子などをお話ししてくださいました。
私はこのコンタクトの初演…9年前かな。その時からこの作品に携わってきたんですけど、この第一部のピンクのドレスだけはやってないんですよね。でも稽古ではずっと一緒に振りを見てたし、今回佳奈に振り写しもしなければならないのでまた振りを思い出して覚えました。
坂田さんは昔からコンタクトになくてはならない存在だったんですね。
澤村さんも「加奈は本当に四季のスーパーダンサーで、この作品の振りは自分のじゃなくても全部覚えてるんですよ。だから加奈は後輩だけど凄く尊敬しますね。」っておっしゃってました。
このブランコのシーンは見た目よりもずっと難しくて凄く体力使うんですよ。ただ漕いでいるだけではなくてどのタイミングで揺らすかってちゃんと音楽に合わせて決められていて本当に大変なんです。」とまた坂田さんが興味深い意見を・・・。
あの大きいブランコを漕ぐだけでも相当体力を使うはずだし、さらにはそのうえでパフォーマンスもしなくてはならないし、それなのにそのタイミングさえもちゃんと決まっているなんて驚きです。
稽古場でも加奈と健ちゃんは何か月も前から先に振りを覚えたりしていましたが、みんなで稽古した後、つまり放課後ですね(笑)、みんなヘロヘロになって床に這いつくばっているのに休む間もなく加奈は「は~い、ブランコやりま~す」って言うんですよ。本当にすごいですよね。
と澤村さんもかなり坂田さんを尊敬されているご様子…。

西尾さんは思ったより多くのことを語りませんでしたが、彼も同じように全部の振りを覚えてらっしゃるらしく、徳永さんや花島さんに何かがあった時にすぐに出られるように、セカンドメンバーとして入れられているそうで、もちろんこのシーンの徳永さんの役もお稽古したらしいんですが、「僕も最初は本当に恥ずかしかったですがブランコの揺らし方とかやらなきゃいけないこともたくさんあったので…」とおっしゃってました。
多分井上さんのセカンドには駅田さんが入られてるのかな?
西尾さんの召使い見てみたい気もしますが、やっぱりもしものことが起きないことを願います。

最後にまとめを!と振られた牧野さん。「もう本当にこのシーンは大変なんですね~。揺らすきっかけを合わせたりとか本当凄いと思いますよ。僕は今朝公園を散歩していてふとブランコを見つけたので童心に帰って乗っちゃいました~。」とおっしゃってましたが、牧野さんが楽しくブランコに乗る姿…気になります~[ダッシュ(走り出すさま)]

とまぁこんな感じにトークが終わりスペシャルイベントへ!
今までは黄色い服の方、青い服の方、と抽選されてきたみたいですが、「今回はピンクの服を着てらっしゃる方が少ないのでじゃんけんにしま~す!しかもただのじゃんけんではありません…。コンタクトにちなんでコンタクトじゃんけんをします。コンタクトのト!で出してください。で、佳奈と同じものを出すんですよ~。」とここで「ぷはっ!」という笑い声が客席のほうから(笑)
どうやら良くできたじゃんけんだなって感心してしまったらしいです。
井上さんの大きな目から発せられるテレパシーを読み取って最後まで残った5人が出演者全員のサイン入りポスターをゲットされてました[黒ハート]
当たった方を早々迎えに行きそっと手を差し伸べてエスコートする徳永さん!素敵[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
最後にまたその中から1人を選ぶためにピンクのリボンを引くゲームがありました。
5人の方がリボンを選んで持って、その先にあるどれかのリボンに井上さんがつけたキューピットのチャームがあった方が当たりというものでしたが、見事当たった方は今日のイベントのキャストと写真撮影!
他の方は客席に戻ってましたが、またここでも徳永さんの紳士っぷり[ぴかぴか(新しい)]階段を下りるお客さんの手を支えて優しい目で見守りながらエスコートしてました。やっぱり王子様(笑)

当たった方はブランコにマリー・アントワネット風に座りキューピット像を持っての撮影でしたが撮ったのは営業さんではなくもちろん四季戦場カメラマン澤村さん[exclamation]
床に這いつくばりまさに戦場での撮影をイメージしてらっしゃいましたが私はふと思った…。あなたも出演者でしょ?(笑)西尾さんの立ち位置をチェックしているあなたも写真に写るべき人間です(笑)
とまぁこんなある意味澤村さんが主役となってしまったプレステージイベントでしたが、凄く盛り上がって楽しかったです[るんるん][るんるん][るんるん]

最後に幕が閉まる直前突然今まで真顔だった西尾さんが暴走(笑)
自分の着ていたコンタクトTシャツを引っ張りながら何かを訴えてくるのです。。。Tシャツを引っ張ってはロビーを指さし引っ張っては指さし…よくよく考えてみればTシャツの宣伝でした[わーい(嬉しい顔)](笑)
西尾さんの心の中…(俺の今着てるTシャツ、ロビーに売ってるから買って!このTシャツ買って!買って!)って感じですかね?
きっとあの日はTシャツの売れ行きもものすごくよかったかも知れませんね[かわいい]

私的に西尾さんと徳永さんが出てくださったことがすごく嬉しかったです[黒ハート]
かっこよかったなぁ…。


長くだらだらと読みにくい私のレポ…帰ってきましたよ(笑)
また本編もアップします[ハート]
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 6

minmin

おかえりさない!
お待ちしてましたよ~。
いちごさんの細かい丁寧なレポ、大好きです。
これからもよろしくお願いします。
また遊びに来ますね。
by minmin (2011-02-19 10:54) 

minmin

いちごさん
お帰りなさい。待ってました!
詳しいレポありがとうございます。
さすがよく覚えてる!
これからもちょくちょく遊びに来ま~す。

by minmin (2011-02-19 13:15) 

minmin

いちごさん
さっき来た時にコメント書いたのに、送信しないで
消しちゃったんだわ~ワタシったら!と思って(わりとよく
あること)、もう1回同じようなこと書いて送信したら、
送信しながら下の文字がようやく目に入りました。
“承認したコメントのみ表示されます”って。
ドジですね~。すみませんでした。

by minmin (2011-02-19 13:19) 

いちご

minminさんこんばんは♪こちらではお久しぶりですね。
やっと戻ってくることができました。
minminさんにも早速ご訪問いただき本当に嬉しいです。

コメントの件、申し訳ありません!!私も今承認制にしていたことに気づき慌ててチェックしてみるとminminさんからたくさんのコメントが…(゜o゜)
1日気づかなくて申し訳ありませんでした。
このブログをお休みしている間に結構悪質なコメントが多く入ってしまったので承認制にしていましたが、このあと解除しますね。
3件のコメント、すべて嬉しかったので残させていただきます☆☆

復活初っ端でものすごい長さのレポ(しかもイベント)をアップしてしまいました(笑)喜んでいただけて嬉しいです。
久しぶりの更新だったので力が入っちゃいました(#^.^#)
明日にでも本編のレポをアップしたいと思っています。
これからもminminさんや読者の皆さんにもっと喜んでいただけるようなレポを書いていきたいと思っています。

また宜しくお願いします♪
是非また遊びにいらしてくださいね☆
by いちご (2011-02-20 00:32) 

イブカ

いちごさん、お帰りなさい!
やっぱりいちごさんの記事は、丁寧でいいな~と思って
読ませていただきました^^
これからもブログアップ楽しみにしていますね~。

私は、リハ見にいった事がないのですが、
役者さんがお出迎えに来てくださることもあるのですね。
それはうれしい~♪
しかも、悪役と戦場カメラマン(笑)

徳永さん、王子様バリのエスコートでしたか~^^
当たった方、目がハートになってたでしょうね。
西尾さんのTシャツアピール、
真面目な顔して、実はかなり面白い方なんだろうな~。
沢山エピソードを読めてうれしかったです。
by イブカ (2011-02-20 08:07) 

いちご

イブカさんこんにちは♪コメントありがとうございます☆
戻って参りました!またよろしくお願いいたします。
レポ、喜んでいただけてよかったです。

私は何度かリハ見やオフステに参加しましたが、俳優さんがロビーまでお出迎えなんていうのは初めてでした。
あのお二人ちゃんとキャラクターを持ってらっしゃって面白いです。
ほとんど澤村カメラマンの喋り倒しでしたけどね(笑)

徳永さん本当に紳士的でかっこよかったです。
当たった方が通路に出た瞬間にタタタ~って小走りで近づいてってすぐに手を握って背中を支えてあげていました。
近くで見ていた私…鼻血出るかと思いました(笑)
下手側から上がった人は坂田さんとかが連れて行ってあげていたみたいです。
階段降りるときにあぁやって手を差し伸べてくださるとキュンときますよね。

西尾さん突然のTシャツアピールで、幕が下りるまでずっとしゃがみながら必死な顔してたので客席は大爆笑でした(笑)
あとでレポにも書きますが、本編のカテコでは突然1人でコンタクトじゃんけんをされてたんですよ(*^_^*)
西尾さんは大阪出身の方なのでかなり面白い方でしょう(笑)
また今日中にUPするのでよければご覧ください。
by いちご (2011-02-20 11:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。